少々どうでしょう

surotaka.exblog.jp

趣味の淡水魚捕りからどうでしょう、日本酒など自己満足の世界を繰り広げます!!

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

飛べない白鳥

初雪が降って参りました。
どうも〜、少々どうでしょうです。

先週の事、かみさんが次女のバレーの練習で近くの小学校へ居た時の事である。
ふと外を見てみると一羽の白鳥がトボトボと歩いていた。何となく気になってもう一人の保護者と一緒に追いかけてみる事に。

その間私の携帯に「白鳥が歩いてるよ」と電話して来た。
かみさん「この白鳥何だか飛べないみたい」
私「怪我でもしてんのかな」
かみさん「ちょっとテレビ電話に変えるね」
私「あ、いたいた」
かみさん「見に来なよ」
私「お、わかった、わかった」

しばらくして長女と三女が「見に行く〜」という事になり見に行く事に。
車に乗り込み現地へ。踏切の近くでその白鳥は座り込んでいた。
よ〜く見てみると首に傷のようなものが。(;・ ・)

かわいそうになり、家に戻ってから「どっか保護してもらえるところに電話してみよう」
という事になり3つの施設に電話したがそのうち2つが日曜日ということもあり誰も出ず、3つめで出たが「今日は市役所が休みなので管理事務所へ電話して下さい」と言われ、管理事務所もあいにく休み(;´д`)

私「もう一度見に行ってまだ居たら今度は警察に電話しよう」という事で三女と見に行き、やはりまだ現地に座り込んでいた。線路脇に座り込んでいたため、時々電車が来る。しかし白鳥は羽をばたつかせ、飛ぶ事なくただ歩くだけ。
f0082402_17033100.jpg

三女「ねぇ早く警察に電話しようよ!」
私「よし電話しよう!」

警察に電話し、20〜30分位で警察官が自転車で現れる。
一通り事情徴収され、(まるで事件のよう(;^^))警察官が白鳥を確認し、市役所に電話。

警察官「では、ありがとうございました、あとはおまかせください(^^)ゝ」
という事でちょっと離れた所の車の中で様子を確認。
30分位で役所の人が2人来て、長い棒で追い込み約15分で捕獲、保護された。

ホッと胸をなでおろし、初めてのこんな体験に、三女と二人誇らしく感じました(^^)

その後の様子は確認していないが、きっと手当をうけて元気にしている事だろうと思う。
あのままだったら車に轢かれているか、電車に轢かれているか、野たれ死んでいるかのどちらかであったと思う。

三女は一つの命を救った…そんなかけがえのない経験をしたと思う。
そんな不思議な一日だった。(^^)

その後余談ではあるが、「白鳥の恩返しが来たりして!?」とどうしようもない妄想を誇らしげに冗談ではあるが語っていたのは私である(∦- -)
[PR]
by surotaka | 2007-11-23 17:19 | よろず話 | Trackback | Comments(0)

もみじ

f0082402_1713744.jpg

真っ赤なもみじ
[PR]
by surotaka | 2007-11-17 17:13 | 気まぐれ写真 | Trackback | Comments(0)

今年もやって来ました。

どうもこんにちは、suroです。

今年も白い使者が瓢湖にやって来た。
早朝、夜中に「クウォッ、クウォッ」と鳴きながら大空を飛んで行く。
f0082402_1644191.jpg

真っ昼間だとこの湖にはほとんど白鳥の姿はない。どこに居るかと言うと、周辺の田んぼである。(;^^)
田んぼで土をほじくりながら何かを食っている。ミミズだかなんか食っているのであろうか。
f0082402_16585443.jpg

f0082402_1659811.jpg

「白鳥の湖」ならぬ「白鳥の田」である。
しかし同じように他の渡り鳥も多く来ている。
これがまったく人間に対して臆する事なくえさを要求し、寄ってくるのだ。
鳥嫌いの人にとっては全く以て、迷惑な話しである。まぁうちのかみさんなんだが(;^^)
f0082402_1761684.jpg

本当は早朝の白鳥の写真をおさえてみたい。ただ私は早起きが苦手だ。
しかし朝霧に浮かんだ水辺とその水面を走るように飛び立つ白鳥は、田んぼの真ん中にいる白鳥より何万倍綺麗な事か…。いずれ挑戦してみる事にしよう。(;´д`)
f0082402_1792866.jpg

[PR]
by surotaka | 2007-11-17 17:11 | よろず話 | Trackback | Comments(0)

紅葉でも見ようか…

そろそろ冬支度を考えなければ…
どうもこんにちはsuroです。

今月初め次女のバレーの試合を見に行くついでに紅葉も追ってみた。
周辺は里山といった雰囲気で中々いい景色が広がっている。
次女のバレーの試合は中条町の中学校で行われた。ちなみに次女の入っているバレークラブはジュニア。小学生である。
f0082402_16271944.jpg

私たちのすんでいる町よりは標高の高い場所だと思い、割と紅葉が進んでいるのではと思ったが、それほど色づいてはいかった。
f0082402_16292191.jpg

草むらでなつかしいものを発見。
f0082402_163048.jpg

「ばか」である。幼少の頃秋になるとよく友達と原っぱでよくこいつを投げあったものだ(^^)
ちなみにかみさんの服に三女が投げつけた(;^^)
f0082402_16323415.jpg

少しずつ色づき始めた木々が冬の訪れを感じさせてくれるねぇ〜
しかし北国の人間にとっては大嫌いな季節なのだ。(TT)
[PR]
by surotaka | 2007-11-17 16:39 | よろず話 | Trackback | Comments(0)

うどん

晩酌で燗酒が恋しくなってきました。

こんにちは、suroです。
晩酌中つまみがなくなったので、最近読んでいる『どうでしょう本』のなかで香川のうどん特集を思い出し、冷蔵庫をあさるとうどんを発見。
早速熱湯でさっと茹で、冷水にさっとさらし醤油をさっとかけ、生卵をぱっとかけ出来上がり。
f0082402_1616069.jpg

我ながら中々のできばえ早い、旨い。(^^)v
でも本場の讃岐うどんを食ってみたい…(´д`;)
[PR]
by surotaka | 2007-11-17 16:18 | よろず話 | Trackback | Comments(0)